2016年01月19日

S13終盤使用構築;状態異常スタン(最終&最高2014)

無題 (13).png

連投になります。gaspardです。

今回はチルナットを諦めた後使用したPTで自身初の最高&最終2000超えを達成することが出来た為、記念として作成した記事になります。チルナットを見切ってからはチルタリスの枠をマンダに替えてみたり、またボルトゴーリならぬボルトオクタンでひょいひょい構築を組むことを考えたりと試行錯誤を重ねたのですが、結局のところ自分に向いたPTを考えた時、受け性能で相手を詰ませていくのがやはり良いのではないかと思い、その視点から先の記事(→http://gaspardutd.seesaa.net/article/432686064.html)の陽気ガルーラの裏のメガ枠から考え始めました(ここがスタート地点なのは一応今期はチルガルーラの2メガで乗り切ろうと思っていた名残です)。
この時満たすべき条件は以下、
・相手のPT複数体を詰ませるだけの受け性能と最低限の火力がある
・耐久ポケモンに打ち負けない
・ガルーラとの2枚体制で一部絶対に勝てないポケモンを作りその選出を誘導する
というものでした。こんなポケモン居たら困るだろと思ったら実は居るんですよね。それがフシギバナです(一応メガヤドランも候補には入ったのですが今回はガッサやマリルリ等の選出を確実に抑制出来るバナで考えました)。
そこでバナの受け性能とガルーラの対面性能、そしてこの2体では圧倒的に不利なメガゲンガーやメガバシャーモを他で対策しつつこれらと相性補完を取りながらPTを考えた結果上記の通りになりました。

それでは解説していきます(以下常体)。


ガルーラ@ガルーラナイト
陽気 肝っ玉→親子愛 恩返し 冷凍パンチ 岩雪崩 不意打ち
4-252-0-x-0-252 メガ後実数値;181-177-120-x-120-167

前の記事の改良後のガルーラと同一の個体なので詳しい説明は割愛する。
並びから考えてガルガブで役割集中した方が良い(=グロパン採用の方が良い)のではないかと思われるかもしれないが、意地っ張り鉢巻きガブリアスの逆鱗をクレセリアが受からない以上メガでもこいつの対策は必須だと思った結果として続投を決断した。冷凍パンチはあまり読まれなくて本当に強かった。
またこのPTでは麻痺撒きと共に選出して♰ジャッジメント麻痺るみ♰を狙うことも出来たので、アロー対策の岩雪崩が他の場面でも"闇の技"としてかなり強かったと思う。
地震が入っていないことに関しては前回のチルナットのPT以上にヒードランの選出を抑制出来ているはずなのでこれも殆ど困らなかった。


ガブリアス@気合いの襷
陽気 鮫肌 地震 逆鱗 岩石封じ 剣の舞
0-252-4-x-0-252 実数値;183-182-116-x-105-169
調整
ASぶっぱ残りB(テンプレ)

主人公ポケモン。あまり選出はしなかったがそこそこ強かったかなといった感じ。
電気の一貫を切る枠というのも勿論だが、チルタリスを抜いたこと、代わりにフシギバナが入ったことにより舞ったリザXのストッパーが欲しくなった為採用。それならPT全体のSを考えてスカーフでも良いのではないかとも思えるが、カバリザ展開は後述のバナで止めに行くことを既に決めていたので襷は潰されないだろう、そしてPTにS操作出来るポケモンが多い都合上拘らない方が良いのではないかと判断した為汎用性の高い襷での採用となった。
出した時はお掃除や削り等仕事を無難にこなしてくれたがそれ以上の活躍は殆どなかったかな…。一つだけ言うなら、逆鱗での混乱の後一度も自傷せず殴り続けてくれたこの主人公の雄姿は忘れない。


クレセリア@ゴツゴツメット
図太い 浮遊 冷凍ビーム スキルスワップ 電磁波 月の光
252-x-252-0-0-4 実数値;226-x-189-86-150-106(Cかなり妥協、H29)
調整
HBぶっぱ残りS(同族対決を一応意識)

物理受けの代表格。起点になりやすいことから若干敬遠していた部分もあったが周りとのシナジーでここまで輝けるのかと見直したポケモン。バシャーモ等物理方面をほぼ全て受けてもらう。
型はテンプレ通りだが、電磁波の部分はこのパーティーで若干足りないSを補いつつ♰闇のゲーム♰にも繋げられる技としての採用で、普通に使うなら毒々の方が良いかなと使っていて感じた(外しは怖いけど)。冷凍ビームはガブリアスやボーマンダに対する打点で、スキルスワップはクチートやガルーラ、ボーマンダを誤魔化す為の技。一応オニゴーリやグライオンにも刺さる(けど普通は読まれる)。
取り敢えずクッションになって貰って電磁波を撒くということだけでもかなり大きかったので、切るタイミングさえ間違えなければ物凄く強くて頼りになった。多分選出率トップ。


クレッフィ@食べ残し
穏やか 悪戯心 電磁波 威張る イカサマ 身代わり
228-x-28-x-252-0 実数値;161-x-115-x-152-95
調整
H 16n+1
Dぶっぱ 残りB

闇のポケモンにして特殊受けその1。
こいつは害悪ポケモンとして認知度が高いが、主な役割は優秀過ぎる耐性から特殊に受け出して足を奪ったり削りを入れたりして後続の負担を減らすことである。所謂「害悪PT」ではない為このポケモンは先発で出すことは殆ど起こらない都合上、受け出して有利対面から運ゲーを仕掛けられるので、分の悪い勝負には基本的にならないのが良いなと思いながら使っていた。クレセリアやエンテイとの相性補完もそこそこ取れているので、受け回しつつサイクル内で足を奪ってガルガブバナで一掃、という流れになりやすかった。クレセリアに次いで多く選出していたと思う。
電磁波は無効タイプがあり、威張るはA上昇がある為相手の行動を読んできちんと立ち回ることが必要で、かつこいつに状態異常が入っても先制で足を奪うという仕事はある以上どこで切るかの判断も難しく、完全に使いこなすには自分にもまだ時間が要ると感じた。
…勿論行けそうならこいつで全抜き狙いますけどね!w


エンテイ@突撃チョッキ
意地っ張り プレッシャー 聖なる炎 ニトロチャージ 地均し ストーンエッジ
116-116-0-x-84-188(努力値4余り) 実数値;205-165-105-x-106-143

これも前回記事と同一個体かつ同じ調整なので詳細は割愛。特殊受けその2。
特殊受けでありながら受け出される物理ATの火力を5割で削げるためクレセリア、クレッフィの両者と相性が良く非常に優秀だった。役割としてはクレッフィが相手出来ない挑発持ちボルトやウルガモス、ヒードランの処理があったが、それ以外にも通りが良ければ積極的に選出して相手に負担を掛けていった。特にウルガマンダのような積みサイクルに対してはガモスに受け出してからのエッジが一貫することが多かったので選出確定といった感じ。


フシギバナ@フシギバナイト
穏やか 葉緑素→厚い脂肪 ギガドレイン ヘドロ爆弾 光合成 眠り粉
252-x-60-60-76-60 メガ後実数値;187-x-151-150-165-108
調整
H-D C233メガリザードンYのオーバーヒートを確定耐え
C H204マリルリのオボン消費後をヘドロ爆弾で最低乱数以外倒せる
S 4振りFCロトム抜き
B 残り

第2のメガ枠。圧倒的耐久と特性、高速回復というまさにチルタリスを継ぐ者(?)
選出段階でかなりの圧力をかけられるポケモンで、クレッフィと併せて特殊系統をシャットアウト出来る。
眠り粉の部分に関して、これはどうしようもない相手に撃つというよりも起点要員(カバ等のステロ欠伸展開、ポリ2等のトリックルームetc.)を足止めして思惑を外す為に採用した。特にカバルドンについてはPT単位で割と重めなのに加えて後ろの積みエースのストッパー足りうるガブリアスの襷を潰さない為にも確実に止める必要がある。この枠はナットレイ、ハッサムやクチートに撃つ為のめざ炎やヒードランで止まらない為の地震が採用されていることが多いが、このPTにおいては技構成は間違っていなかったと思う。
チルタリスと違って回復技のPPが少ないのは結構悩みどころではある…(簡単にPP枯らされる)
一応メガリザYに後出しして上から眠り粉を撃つためにメガ前の特性は夢の葉緑素にしてあるが、まあそんなシチュエーションは殆ど無いからあまり関係ない()
レートが上がるにつれこいつの選出率が上がっていったので何だかんだ刺さるPTは多かったのかなという印象。
なお、何故特殊受けが複数いるのにHDに厚く振っているのかについては、今期の高火力物理ATの中でバナの役割対象かつクレセリアで見ることが怪しいのは雨メガラグとメガギャラ位であったことを踏まえ、電気と水の一貫を切りつつ特殊方面はこいつで複数体見られるようにして、物理ATはガルガブクレセで対面で処理するのが良いのではないかと考えていたから。特化メガリザYのオバヒ耐えというのはこのくらい堅ければ大丈夫だろうという指標の一つでしかない。実際図太いHBベースでも鉢巻きガブリアスとか剣舞バシャーモとかは普通に無理なのでこれで良かったのではないかと思っている。


使用感等;
バナクレフクレセの並びがかなり強かった。電磁波を入れて受け回す様はさながら受けループのような感じで、ほぼ全ての並びに良い勝負が出来ることに驚いた。状態異常技ってやっぱり強い。
この並びで重かったのが鉢巻きガブリアスだったのでそこをガルーラで叩けるというのも良かった。
そしてメガ枠がゲンガーを特に苦手としていた為対策枠を二つ設けたのも良い判断だったかなと思われる。エンテイとクレッフィは刺さりの良いPTとそうでないPTがはっきり分かれるのでどちらかを相手に応じて選べたことで勝率も上がった。エンテイに関しては今期に刺さっていることはチルナットで採用した時から分かっていたのでその意味ではチルナットとの共同作業での2000到達だったことは間違いない。

ただ並びを見ればわかる通り重いのも幾つか居て、
・クチート
物理受けがクレセリアである以上しょうがない部分。トリル展開ならまだ何とかなるがスタンパの単体クチートは戦術が読めず非常に厳しかった。めざ炎あれば何とか…?
・受けループ
ガルーラ、ガブリアス共に突破性能、瞬間火力に欠ける為まず勝てない。ヤドランを5回位雪崩で怯ませれば或いはといった感じ(無理)。
・速いヘラ入りの構築
初速でエンテイが抜かれていると一気に厳しくなる。地震持ちも考慮するとクレッフィでは全く安定しない。エンテイの負担がマッハ。
・ナットレイ
バナにめざ炎無いってばれる前に交換読み交換で負担を掛けないと結構厳しい。
・サザンドラ
クレッフィ交換読み炎技が飛んでくると悪の波動が一貫してゲームが終わりかねない。迅速に麻痺を入れたい。
ここら辺は結構厳しいなと思いながら戦っていた。特に前二つは選出画面から色々展開を察してしまうことが
あるくらいには辛かった。欠陥構築じゃん…


この構築、というよりバナクレフクレセという並びのポテンシャルはかなりのものだと感じているので、もう少しレートを伸ばせたのではないかと思わないこともないのですが、単純にモチベーションが低下したことと、最終日とその前日は多忙につき潜れないことが分かっていたこともあり今回は2014で打ち止めとなってしまった点については結構後悔しています。ただ過疎化が進んでいると言われる今期で一つの目標であった2000を達成できたのは素直に喜びたいし、今度は2000を通過点にして、2100、そしてチルタリス入りでの2000やその上も目指して頑張っていこうと思います。

(最終順位確認兼証拠画像は昼頃追記します)

今回は以上になります。長文乱文失礼しました。それでは。



1/19 15:30追記;


CZEAWspUAAImg4O.jpg


最終262位でした。S13お疲れ様でした。

それでは失礼します。
posted by gaspard at 10:03| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

シングル厨5-4、S13中盤使用構築;受けサイクル改(最高1941)

無題 (12).png

gaspardです。お久しぶりです。

今回は12月初旬にあったシングル厨で使用した構築と、それを改良して1月に入るまで使っていた構築に関する記事になります。僕にしてはかなり長い間使っていたPTなのでシーズンの終わりも近いこの時期に公開しようと思った次第です。キツネの杜も終わってて完全に旬を過ぎた感が無いではありませんが…

無題 (11).png

こちらが改良後のPTになります。これで12月中旬から1月にかけてずっと潜っていました。

この中でS12でも使っていた個体に関しては調整意図等は省きたいと思います。詳しく知りたい方は前の記事を参照してください。→http://gaspardutd.seesaa.net/article/429750441.html

以下常体

ガルーラ@ガルーラナイト
意地っ張り 肝っ玉→親子愛 恩返し グロウパンチ 岩雪崩 不意打ち
4-252-0-x-0-252 メガ後実数値;181-194-120-x-120-152

改良後;
陽気 肝っ玉→親子愛 恩返し 冷凍パンチ 岩雪崩 不意打ち
4-252-0-x-0-252 メガ後実数値;181-177-120-x-120-167
調整
どちらもASぶっぱ残りゴツメダメージで死なない為にH

最強の親子。チルタリスが活躍する上で重要な耐久ポケモンを呼ぶという役割を十二分に果たしてくれたレートの女王。そして出すと強い。
シングル厨と改良前においてはグロパンを採用していたが、これは他のポケモンでサイクルを回した後に死に出しか釣り出しで起点を作ってフィニッシャーになることを意図したもの。エンテイ、スイクンのような状態異常技持ちを採用しているため起点作りは然程難しくなく、まあ強いよなといった感じだった。
改良後は性格を陽気に、グロパンを冷凍パンチに変えて火力を犠牲に技範囲と上から殴れる範囲を広げた。この時意識したのが増加傾向にありかつ僕のPTに明らかに刺さっている意地っ張り鉢巻きガブリアスの存在で、普通の対面構築ではチルタリスガブリアス対面になった時に裏にハイボや恩返しが受かる奴が居ないこと、スキン補正が付かなければ素のチルタリスの火力はお察しであることから相手に地震で突っ張って後続の圏内に入れるという動きをされることが多く、実際それがかなり辛かったので、それならチルタリスでなくガルーラで上から殴って処理してしまえばいいのではないかと考えた。実際これはかなりはまり、副産物として鉢巻きカイリュー等も上から飛ばせるようになった。グロパンからの全抜きというルートを取れなくなった分PTの動かし方もかなり変わった(グロ不意によるイージーウィンは減った)が、他方陽気個体を想定されていないことによるイージーウィンは増えたので、環境的にはどちらもありだがこのPTには陽気の方がフィットしたということだろう。グロ雪崩により受けループ対策の駒として機能していた部分もあったが、そもそもHSスイクンがいる時点でかなり有利なので変更による対策不足感はなかったのも良かった。
両者共に採用されている雪崩はアロー意識で、特にこのPTが途轍もなく苦手としているHDアローを処理出来るので重宝した。地震がない為ヒードランに対して強く出ることが出来ないが、そもそもエンテイスイクンがヒードランにかなり有利なのでなくて困ることは殆ど無かった。


ポリゴン2@進化の軌跡
生意気 ダウンロード 恩返し 放電 冷凍ビーム 自己再生
244-0-28-0-236-0 実数値;191-100-114-125-159-72
調整
H奇数
H-D C205ウルガモスの+1大文字を超高乱数2耐え(253/256)等
B残り

堅い。今回は特殊受けとしてチルナットと共にサイクルを回したくて採用。
ニンフの眼鏡ハイボ等も余裕で2耐えするので高速回復と併せて非常に優秀。放電でゲンガーに麻痺を入れて機能停止、そのまま倒したりする。また特殊受けだけではなく陽気ガブリアスくらいまでなら余裕で相手出来る物理耐久があるため腐りにくい。
+1恩返しでHBニンフでも確3が取れているため瞑想の起点にならず、また無振りガモスなら確2という最低限の火力がある。このPTの呼びそうなポケモンを誘って倒すのが楽しかった。
ただポリ2はどの型であっても様々なポケモンの積みの起点になる為注意が必要。

改良後;
エンテイ@突撃チョッキ
意地っ張り プレッシャー 聖なる炎 ニトロチャージ 地均し ストーンエッジ
116-116-0-x-84-188(努力値4余り) 実数値;205-165-105-x-106-143(31-31-31-x-31-29の妥協個体)
調整
S 準速メガ前ガルーラ抜き、最速ヒードラン抜き抜き
H-D C204ウルガモスのめざ地or岩を超高乱数で2耐え(96.2%)
A11n、H252振りメガゲンガーがニトロチャージ+聖なる炎+火傷ダメージで大体落ちる
ダウンロード調整

状態異常の神。チョッキと耐性から特殊フェアリーに強く、かつヒードランと違って地面4倍弱点ではないので交換読みをされても被害が少ない。また後出しされるポケモンの多くが物理の為、5割火傷を引ければそのまま勝ちに持っていけることも多い。このPTでは間違いなくMVPポケモンだった。ただ終盤はメインウェポンである聖なる炎を外して負け筋を作りまくっていたので、エッジと併せて自覚が問われるポケモンだなと身を持って思い知らされた。技構成はアイへをニトチャと替えるかどうかといったところかと思うが、上記の通りメガゲンガーの道連れを5割弱で裏目にさせるルートが取れる(くらいしか火力に割けなかった)為こいつはこのままで良いかなと思う。ボルトゲンガーがかなり信頼されている現環境においてこのポケモンはかなり刺さっていると感じた。
ポリ2からの変更経緯として、ガルーラポリ2ナットという余りに格闘に弱い並びが回しづらかったことがあった。タイプ一致格闘技を撃ってくる奴ならルカリオ以外は大体チルタリスで何とかなるが、問題はサブウェポンに格闘技を持っているポケモンの場合で、まあ気合玉持ちゲンガーやボルトが重いのなんのといった状態。その為ゲンガーボルトに後出しから勝てるチョッキエンテイを採用することとなった。また初手ガルーラゲンガー対面から鬼火読みで無償降臨出来る点も優秀だった。


ランドロス@拘りスカーフ
意地っ張り 威嚇 地震 岩雪崩 蜻蛉返り 馬鹿力
36-252-0-x-0-220 実数値;169-216-109-x-99-139
調整
S スカーフ込み最速135族抜き抜き
Aぶっぱ 残りH

数多くの択を生み出してきたおっさん。まあ無難に強い。
サイクル回す上でやはり威嚇という特性と無効タイプ2というのが優秀で、かつ主人公ポケモンガブリアスと相性が良いのも高評価。
馬鹿力は削れたガルーラに叩き込むが、この枠は割と叩き落とすだと思っている人が多いみたいで刺さることも多かった。叩き落とすも強いと思いますけどね。

改良後;
サンダー@拘りスカーフ
臆病 プレッシャー 10万ボルト ボルトチェンジ 熱風 目覚めるパワー氷
実数値;181-x-104-177-112-147

昨シーズンから連投のスカーフサンダー。認知度が上がってしまっているのが悲しい。でもカバルカとゲッコウガとボーマンダが重すぎて入れざるを得ない。
変更理由としては、ランドだと素のゲンガーに非常に弱かったのと、ポリ2の枠をエンテイに替えるとボーマンダが余りに重くなり過ぎるためそこをチルタリス以外で見られるポケモンが欲しかったから。またアローを(HD以外)何とか誤魔化せる枠でもある。ただ火力が足りない。
今期は初手サンダーゲッコウガ対面で引くゲッコウガが多かったことや殆どHDアローしか見かけなかったこと等から昨シーズンと違い選出率はあまり高くなかった。昨シーズン頻繁にやっていたガルーラ対面でサンダーボルチェン→ゴツメ鉄トゲという流れもそこまでやらなかったような気がする。


スイクン@食べ残し
ナットレイ@ゴツゴツメット
チルタリス@チルタリスナイト

この3枠は調整、技構成等が前回の記事から何一つ変わらなかった為省略。代わりに今期の使用感等を述べていく。
スイクンに関しては害悪キラー、受けループキラーといった感じで相性補完を取りつつ色々な構築を見られる枠として今期も非常に優秀だった。また今期になって更に増えた印象のある素催眠ゲンガーに対しても最速起き守るが出来れば何とかなる可能性があり、身代わりと併せて数少ない状態異常対策枠として貢献してくれた。
ナットは3ウェポンジャローダや両刀ガルーラ、気合玉持ちボルトが増えたせいで更に動きづらくなった印象。前回のPTと異なりガルーラをミラーで対処するということも出来るようになったがこの変更はナットに接触技を当てさせるという意味でも正解だったように思う。
チル…ここに関して今期は絶望的に刺さっていないなと感じた。流行りの対面構築においてこのポケモンで有利をつけられるのがガブリアス、バシャーモ、スイクンの3体だがバシャーモの枠がガモスやアローになっていたら2体に減り、さらに鉢巻きガブリアスに地震突っ張りをされると後続のバシャーモが受からなくなる…といった具合に、調整がギリギリかつ役割対象でないポケモンに対しては手も足も出ないチルタリスを選出しづらい環境だったのである。
それでも勿論刺さる構築には安定して出せたし強みを発揮することも多かったが、レートが上がるにつれ高火力を押し付けるPTと当たることが増えると、どうにも選出出来なくて愕然とした。早く気付くべきだった…


PT全体の使用感;
前期よりチルナットが認知されてきたのか、ガルーラチルタリス対面でグロパンではなく炎のパンチを撃ってくるガルーラがそこそこ居て結構困った。スイクンがゴツメ持ってそうな感じに見えて欲しいんだけどなあ…()
それ以外だと遅い奴が多いこと、状態異常対策が十分ではないことから素催眠ゲンガーが割とどうしようも無かった。本当にやめてくれとしか言えない。
上記の点を除いてはかなり良い構築が組めたと思うし、だからこそ長く使っていたのだろう。それでいてこの構築での最高レートが2000に届かなかったのは僕の実力不足半分、今期がチルナットに逆境だったこと半分くらいなのではないかな…。

参考画像

CX2REUGU0AEWWZb.png

1ROMしか持ってなくて、シングル厨用に色々PT調整したやつも含めてこのレートなので対戦数多い等といった指摘は勘弁^^;


以上でPT紹介を終わります。参考までにシングル厨の時の選出率は
チルタリス 7/9
ポリゴン2 7/9
スイクン 6/9
ナットレイ 5/9
ガルーラ 1/9
ランドロス 1/9

4体で戦ってた感。

一応これとは別に今期最終&最高2014に乗せたPTがあるので、またその紹介記事は別に作ります。

最後に、シングル厨で対戦してくださった9人の方々、運営の皆さん、そしてこのPTを作るにあたって相談に乗ってくれた身内に感謝。

以上、長文乱文失礼しました。そしてここまでお読み頂きありがとうございました。
posted by gaspard at 00:27| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする